BLOG

This is a single blog caption
5 7月

夏感。

私、夏が近づくとわくわくします。
37の子持ちおっさん(今ししゃもが浮かんだ人のこと好き)と、「わくわく」という言葉の相性ってどうなんだと思いますが、この期待感は毎年ずっと変わらず発生しているから不思議なものです。

 

サマー♪

 

子どもの頃は夏休みがあって、休みが大好きな私にとってそれは年中頭から離れないトピックでした。いやもう本当に休みが好きでしょうがなかったな。加えて家も好きだから何するわけでもなくゴロゴロしてたけど。学校も行けば楽しめるんだけど、容赦なく拘束してくる理不尽なシステムだと、ずっと思っていました。それを甘んじて受け入れるしかできない自分に、幾ばくのもどかしさを感じながら、私はこうして大きくなりました。

よく、お利口さんたちが「お友達と会えなくてさみしいから休みが嫌い!」なんて言っているのを聞くと、アホなんじゃないかと思っていました。てか公立小学校の校区なんて知れてるから、その気なったらいつでも会えるやろ。ケータイなかったけど連絡網で家電の番号もれなく完備やったし。

海か山か街か睡眠か♪

 

私、夏休みの宿題はスタートダッシュを試みるも速攻で転び、8月25日に再び立ち上がるタイプでした。それも中学以降は新学期が始まってからするように。なぜなら一気に提出させる小学校と違い、教科の先生ごとに回収するために、すっとぼけた先生によっては「うやむやになる可能性がゼロではない」ことが判明したからです。ひょっとしたらやらなくてもいいかもしれないことは、絶対にやりたくありません。・・・これってその実、出せ出せ言うのめんどいから、あえて提出を促さず評価に変えてたのかしら。ふん、すっとぼけたフリした悪魔の一族め。

そんなことはさておき。

夏休みがなくなっても、夏の「何か起きそうな感じ」はなくなる気配ゼロなわけで。私としては、その部分にこそ、大人がなくしちゃいけない何かがあると信じたい(病気に病気の上塗り)。でもそう簡単に特殊能力は覚醒しないし、タイムスリップできないし、異世界にも繋がらない。使徒は襲ってこないし、めんまは現れない。うん、わかってる。でもさ、好きだな、この感じ。

予感を体験に変えよう!

 

時間の経ち方が変わってなお、魅力あふれる夏の時間。

皆様はどのように過ごされるのでしょうか(急になに!)。
いまさらですが、佐賀で何もない宿がお待ちしております。

次回、ちゃんと有益なことを書きます。
各地から佐賀へのアクセスについて、あれこれと。

 


(参 考)
7月15日「夏が来る!きっと夏は来る!」
7月20日「え、どうしよう夏来たしマジ何するよおい、何でもできるよね俺たち無敵で無双」
7月25日「やっべアイスうめえ、かき氷はブルーハワイこれマスト。だって空が青いから」
8月1日「祭り行く?花火行く?PLならいい場所知ってるし」
8月6日「黙とう」
8月9日「黙とう」
8月10日「わお、夏既に半分減った!夏超はえええ!(でもまだ余裕っしょ)」
8月15日「じいちゃんばあちゃんひさしぶりの照り焼き~」
8月20日「遅咲きって言葉いいよね」
8月25日「セミって長生きなの?やっべ騙された~うちらの同情浮かばれねえわ」
8月31日「ちょ、とりあえずマッハでジャンプしてみよ。タイムリープタイムリープ」


【最近のこと】

・個室プランをBooking.comでも掲載開始(あくまで当サイトが安いです)。

・TIPS HOSTELは、18きっぱーを応援しています。レイトチェックインのご相談承ります。

予約・空室検索

お問い合わせ